島田 正道
1978年生まれ。 グラフィックデザインの専門学校卒業後、映像クリエーターとして活動を始めるが、撮影中に光を操る事の面白さを発見し以後、光を使った作品を作り始める。幼い頃に見た打ち上げ花火、木漏れ日のキラキラする輝き、小学生の頃に楽しんだ電気工作、それらが今のクリエイティブに影響を与えている。デザイン、設計、プログラミング、プロトタイピングを自身で行っている。パブリックスペースでのインスタレーションやライトアートプロダクトの制作をしている。

Masamichi Shimada
Born in 1978.  He started his career as motion graphic designer after graduating from graphic design school. However, during filming the video he noticed that he is interested in control the light. then he was started working as light-artst. Fireworks, electrical work and the twinkle of sunlight filtering down through the trees that he saw when he was a child make his creative mind. Design,Programming,Prototyping by him self. Currently he works on installation-art for public space and light-products.